ダイエット

体脂肪率・肥満の特徴と種類を気にしたことありますか?

今回は肥満について、基準値などを示して肥満の種類を書いていこうと思います。

肥満とは

まず、肥満は単純性肥満と症候性肥満に分類することができます。

単純性肥満は運動不足、食べすぎ、不規則な生活などによって、脂肪が身体に過剰に蓄積した状態のことを言います。
(特別な理由なく単に体脂肪が蓄積した状態です)

皆さんが太ってる、デブなどと呼ぶ肥満はこの単純性肥満です。

症候性肥満は代謝異常やホルモン異常などにより、二次的に肥満の状態になるのことを言います。
例えば、甲状腺機能低下症やステロイド注射などにより起こる肥満が、この症候性肥満です。

今回はこの単純性肥満を中心に書いていきます
症候性肥満は疾患の治療などをしないと根本的に解決できませんので病院を受診してください。

肥満の定義

肥満度の判別はBMI=Body Mass Index(ボディーマスインデックス)というのが判別の指標とされています。

18.5以下が痩せ(るい痩)、18.5〜25.0が25.0以上が肥満と定義されます。

このBMIは標準とされている18.5〜25.0の間の22.0が高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣になりにくいと研究データが出ています!

BMIの計算方法
BMI=体重(kg)÷身長(m)2で算出できます。

例えば身長160cmで体重50kgの場合
BMI 50÷1.62(1.6×1.6)=19.5となります。

また、160cmで理想体重を求める場合
BMI 1.6×1.6×22=56.3kgとなります。

年齢が上がって行くと、このBMIは高くなった方が健康的に生活することができます。

BMI25以上を肥満として、肥満の状態を4つの段階に分けて肥満の度合いを出して肥満度として出すことができます。

厚生労働省・日本肥満学会より引用

BMIは体脂肪を考慮しないで計算する計算方法ですので、全ての方に当てはまるという訳ではありません。
スポーツ選手や普段から運動をしている人では、体脂肪率が低く筋肉量は高い人が多いです。
ですので、BMIで計算すると25.0を越えて肥満の判定が出る人がいますが、実際は太ってる訳ではないので問題はないです。

しかし、逆の場合もあります。
女性に多いのですが、体重は標準であっても筋肉量がすくなく、体脂肪率がとても高い場合があります。
これを隠れ肥満と言います。

気になる方は体重計で一度体脂肪率を測定してみてください。
測るタイミングは寝起きで排泄排尿を済ませて食事をする前です。
それでも正確な数字ではないですが目安にはなると思います。

オムロン公式ページより引用

オムロンの表ですが1番わかりやすいので目安にしてください

内臓脂肪型肥満

電車でよく見かける中年のおじさんの太り方がこの内臓脂肪型肥満です。
皮下組織ではなく、内臓付近にたくさん脂肪が付き、お腹がぽっこりしているのが見た目の特徴です。

この内臓脂肪型肥満は高血圧、糖代謝異常、脂質異常症などの生活習慣病の発症のリスク高くしてしまいます。

内臓脂肪型肥満は俗に言うメタボリックシンドローム(メタボ)だと思ってください。
身体に悪い太り方や身体に悪い脂肪と言われるのもこのメタボリックシンドロームです。

メタボリックシンドロームの診断基準

厚生労働省公式ページより引用

ウエストの基準
女性 90cm以上
男性 85cm以上

であり、かつ以下の3つの項目にの内2つ当てはまる方が該当します。

中性脂肪
150mg/dl 以上、HDL < 40mg/dl以下(片方該当するだけでも当てはまります)

血圧
収縮期血圧(高い方の血圧)が130mmHg 以上
拡張期血圧(低い方の血圧)が85mmHg以上
(これも片方でも該当すると当てはまります)

血糖値
空腹時血糖値が空腹時血糖 110mg/dl以上

数値の検査は血液での判定ですので自宅ではできませんが、ウエストはメジャーなどでも簡単に測ることができるのでお腹が出て来てたなと思っている人は測ってみてください。

また、内臓脂肪型肥満の方は健康診断を受けるとこの項目以外も引っかかる人が多いですので、様々な疾患のリスク因子となることだけは知っておきましょう。

皮下脂肪型肥満

こちらは女性に多い太り方です。
下半身やお尻、腕などに脂肪がたくさん付きます。
この皮下脂肪型肥満は内臓脂肪型肥満に比べて生活習慣病のリスクは高くないとされています。
しかし、皮下脂肪型肥満でも太り過ぎてしまうと気道が圧迫されるなど危険ですので注意してください。

痩せ

痩せ過ぎるとるいそうとも呼ばれるようになります。
特徴としては体脂肪だけでなく、筋肉量も少なくなっている状態です。
スポーツ選手の減量と違い、ただ痩せているだけなので筋肉量も少ないのは当然ですよね。
標準体重の-10%くらいから痩せと言われます。

比較的若い年齢のうちは問題ないかもしれませんが、高齢になると免疫力の低下、筋力の低下などが大きくなるので、痩せ過ぎも危険です。

高齢でなくとも、標準的な体格の人に比べて、体温が低い、風邪を引きやすい、疲れやすいなどの原因にもなり、女性だと生理不順の原因にもなったりします。

特徴として女性の目標とする体型は痩せの分類に入っています。
細ければ細い程綺麗だと言う傾向が目立っていますが、食事だけで痩せている人がとても多く、綺麗な痩せ方とは言い難いです。

他の記事で何度も言ってますが、健康的な範囲できちんと食事管理や運動をして痩せるのが1番です!

まとめ

1.まず自分が太っているのか痩せているのか
2.内臓脂肪型肥満or皮下脂肪型肥満なのか
3.痩せ過ぎてないか

体格や肥満についてざっくりと書いてみました。

自分の体格が気になる方は計算してみてください!
また、健康診断を受けている人は数値をメタボリックシンドロームの基準と是非照らし合せてみてください。
健康診断の結果は捨てずに保管してください!
毎年比べるのを筆者はおすすめします。
年齢によるものなのか、太った事による事なのか色々と比較することができます。

健康診断に出てくる項目についての記事も順次書いていきますので更新したら是非観てくださいね。

質問などはTwitterからも受け付けておりますので、お気軽にどうぞ。
ランプちゃんねる(@TheLAmpChannel)Twitter

 人気記事   管理栄養士で筋トレ歴5年以上の僕がおすすめするプロテインメーカー

MYPROTEIN

RELATED

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です