ビューティー

男性必見!脱毛・育毛・発毛について

結論から言うとハゲは自然と治ることはほぼありません!

なので今回は分かっているようで、分かってない脱毛・育毛・発毛について書いて行きたいと思います。

たとえば、育毛剤の目的は発毛、薄毛、かゆみ、脱毛の予防、毛生促進、発毛促進などです。

発毛促進と書いてありますが発毛ではありません。

それなら全くもって髪の毛が生えてこない?と思う方もいると思います。

そのような疑問にも答えていきたいと思います。

男性必見!脱毛・育毛・発毛について

脱毛の原因と種類

ここではストレスや精神的な問題で起こる脱毛症以外の脱毛に関して書いて行きます。

男性の脱毛はストレス、男性ホルモン(遺伝含む)、頭皮が汚い、栄養不足、乱れた食生活、寝不足等が主な脱毛の原因として挙げられます。

ここで正直に言うと、男性ホルモンの影響によってのAGA(男性型脱毛症)はどんなに規則正しい生活や食事に気を付けてもほとんどの場合は改善できないでしょう。

それほどホルモンによる体への作用は強力なのです。
ですが、その方の食事、睡眠、生活をないがしろにしてはいけません。
もっと進行しますよ!!!笑



食事、睡眠、シャンプー等をしっかりしても脱毛が進行してしまうという方は育毛剤、発毛剤を使うしかないでしょう

それでは、脱毛の種類について説明していきます。

男性型脱毛症(AGA)ってなに?

この脱毛症が最も気にする人が多い脱毛であり、皆さまの悩みでしょう。
M字やてっぺんまたはその両方の抜け方をする人が多いです。
(筆者もM字タイプのハゲです…笑)

AGAでは脱毛した箇所に男性ホルモンが代謝された抜け毛の原因となるホルモンが高濃度に見られます。このホルモンの作用により髪の毛が太く、長く成長する前に抜ける髪の毛が増えてしまうのです。これが髪の毛が薄くなっていく原因です。

30歳以降の人に多かったAGAですが、最近では早い方では10代後半から20代前半で始まってます。

ちなみに市販の発毛剤を使用してもM字タイプのAGAは改善されにくいとされています。
今回はこのAGAに焦点を当てて育毛、発毛について書きます!

その他

牽引性脱毛症
ドレッドヘアー・ポニーテールなど、強く髪の毛で皮膚を引っ張ってしまったことが原因です

抜毛症
クセ、精神的ストレスで自分で髪の毛を抜いてしまうことが原因です

円形脱毛症
ストレス一つの原因とされていますがハッキリとした原因はわかっていません。
リンパ球が自身を守るために髪を攻撃してしまうことで脱毛が起こります

こうしてみると、ストレスは絶対にダメって言うのわかりますね笑

どの育毛剤、育毛シャンプーを選べばいいのか

育毛剤、育毛シャンプーは前述したとおり、髪の毛を育てる、髪の毛を保護する事を目的として作られています。

しかしながらこれは日本では発毛効果があると証明されていない、論文等の研究が充分でないため、薬事法のルールに従い育毛のジャンルに分類されています。

育毛シャンプーも同様です。頭皮の環境を整えたり、フケを防止したりと育毛成分は配合されていますが、発毛成分は配合されてはいません。

特に育毛シャンプーは効果が薄いとされています。
洗い流すことを前提に作られているシャンプーは、いくら良い成分が入っていても洗い流してしまうので有効成分が頭皮に残りづらいです!

しかし、オススメとしてはやはりアミノ酸系のシャンプのシャンプーです。
洗浄力がそこまで強くなく、他のシャンプーに比べると頭皮に優しいです。

逆に洗浄力が強くないので脂も落ちにくいです。お湯洗いで最初にしっかりと汚れや脂を落とす事が大切になります。

製品で言うとスカルプDやマーロのシャンプーがアミノ酸系の有名どころです。

発毛剤のオススメはこれ!

発毛成分で効果があるとされているのは、
ミノキシジルとフィナステリドの2種類だけです!!


ミノキシジルで有名なのはリアップになります!

最近ではミノキシジルの特許期間が取れたのでメディカルミノキ、リグロ、リザレックなど様々な製薬会社が出していますが、添加物の違いだけで有効成分はミノキシジルのみです!


もう一つのフィナステリドはAGAクリニックや個人輸入、海外旅行で買う以外は手に入れることはできません。
個人輸入や海外で買えばAGAクリニックで買うより安いですが、自己責任になることは忘れないでください。


全ての方に効果があるわけではないです。
太い毛が生える、うぶ毛が生えるだけでなく、抜け毛が減る、進行が止まるなだけなど人それぞれです

また、4〜6ヶ月は最低続けないといけないのでお財布事情と相談してください。
発毛剤、育毛剤以外にも養毛剤もありまずが効果は上記の二つに比べると弱いので今回は省略させてもらいます。

簡単な成分説明

ミノキシジル

元々は血圧の薬です。 副作用で毛が生えるという事例があり、発毛に使用されるようになりました。

血流を促進し、ヘアサイクル(生えたり抜けるたりする期間)を正常化する
ドラッグストアで買える発毛剤に入ってるのはこのミノキシジルです。
主な商品はリアップ、リグロ、リザレックなどになります。

created by Rinker
ロート製薬 発毛・育毛・養毛・スカルプケア剤

フィナステリド

体内でテストステロンが酵素によってジヒドロテストロンになると抜け毛が起こるとされています。
この酵素の働きを阻害して抜け毛の原因となるジヒドロテストロンが作られるのを抑制します。

デュタステリドはフィナステリドよりも阻害する作用が強いですが、副作用も多いとされています。
AGAクリニック、個人輸入でザガーロとして処方されています。

アデノシン

血行促進し、発毛促進因子に作用して発毛を促進します。
さらに髪の毛が抜ける期間に入るのを予防して髪の毛が生え続けるように作用します。

資生堂公式ページから引用

医薬品成分になっていないので、ドラッグストア意外にも取り扱いのあるお店もあります。
主な商品はアデノゲンになります。

カルプロニウム

血行を促進します(局所的)
一般用医薬として出てドラッグストアに商品あります。
主な商品はカロヤン、フロジン外用液などになります。

tフラバノン

髪の毛成長の退行期に移行してするのを防ぎ成長期を維持する。
毛母細胞を活性化させて分裂や増殖させる
接着分子を増やし、抜け毛を防ぐ

花王公式ページ引用

主な商品はサクセス育毛トニックがあります。

その他

ビワ葉エキス、ワレモコウエキス、キャピシル、センブリエキス、ニンジンエキスなどがあります!

結局どれがいいの?

現状で一番発毛の効果が期待できるのはミノキシジル5%外用薬です!!

当然理由は1番エピデンスが多く、効果が実証されているからです!
濃度は高いほど血行促進効果は高くなります!(値段はもちろん高くなりますが…)

まだまだ効果が実証されていないだけでミノキシジル、フィナステリドより効果があるだたり同等の効果が出たりする発毛剤や育毛剤もいずれ出てくるかもしれません。

発毛、育毛を表記する商品はたくさんあると思います。
値段もピンからキリまであり、どれが効果が高くてどれが良いのかわからない方に向けて書いたので参考にもしなったら嬉しいです。

筆者も育毛を始めたので、もし生えてきたらビフォーアフターの写真載せたいと思います!
一緒に頑張りましょう!

ミノキシジルを5%配合している外用薬はこちら!

質問などはTwitterからも受け付けておりますので、お気軽にどうぞ。
ランプちゃんねる(@TheLAmpChannel)Twitter

 人気記事   管理栄養士で筋トレ歴5年以上の僕がおすすめするプロテインメーカー

MYPROTEIN

こちらも合わせてどうぞ

1.糖質制限ダイエットでケトーシスに入るまでと入った後の食事メニューについて 
2.糖質制限ダイエットに出てくるケトン体って何?→ケトン体とは? 
3.「痩せる仕組み」本当にわかってますか?→ボディーメイクで必要な基礎知識

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です